日吉ブログ(ひよブロ横浜)

神奈川県横浜市の日吉を中心に、武蔵小杉、綱島辺りの庶民派で身近な公園やスポットなどについて書いていきます。

中原平和公園:大きめの複合遊具のある公園(水遊び場あり)

スポンサーリンク

 

日吉周辺から、旅行や遠くについても書いていきます。

このブログで取り上げいきたいテーマの一つは公園です

一般的な地域と同様、ところどころに公園はあります。それぞれについて写真を載せていきたいなと思っています。

個人的には日吉エリアの公園については、滑り台と砂場だけなど、遊具があまりない公園が多い気がします。

子どもには一つの公園という限られた中でも、いろんな体験をしてほしいと思いますので、滑り台以外に、揺れる橋があったり、うんていがあったり、網を登ったり、そうした複合的な遊具がある公園を探して、いろいろめぐりました。

子供からすると大きめの遊具があった方が楽しいと思います。

中原平和公園 

公園を書くといって第一弾は横浜でなく川崎かよ、というところから始まります。

日吉でも、もちろん複合遊具のある公園は思い浮かぶのですが、大きめの遊具がある公園で近くとなると、中原平和公園に行きつきます!

地図のある川崎市のページはこちらです。

川崎市:中原平和公園

神奈川県立住吉高校をぐるっと囲んだ不思議な形ですね。

東急東横線の元住吉駅と武蔵小杉駅の中間になります。

私の場合、自転車でいってました。日吉に住む人にとっての交通手段については、また別途書きたいと思います。

公園の遊具のある場所としては大きく2つに分かれます。

元住吉側の遊具エリア

mus1

どちらかというと、幼稚園や保育園頃の小さな子供向けでしょうか。

遊具以外にも砂場やブランコがあります。

遊具のある場所の一つとなりでは広場になっています。

武蔵小杉側の遊具エリア

mum1

 写真は小さめのサイズにしていますが、長い遊具があります。ちなみに、どちらの遊具のある広場も、大通りの綱島街道沿いからは公園の中でも奥まった場所にありますので、遊具は道路沿いからは見えません。

特に、こちらのエリアは道路からまず気づくことはありません。道路近くには、もう少し小さな滑り台がある公園がありますので、知らない方だとそこで遊ぶまででこちらに到達しないかも知れません。

こちらは端からは端が長いです。滑り台や、揺れる橋、うんてい、網上の登るところ、などで構成されています。ただ、うんてい部分に関しては小学生でも中学年、高学年位にならないと手が届かないと思います。端から端まで一度も地面を通らずに行くのは、小さい子だと難しいですね。でも、日吉から武蔵小杉近辺では遊具の長さとしては、一番長いのではないでしょうか。

前の写真の向こう側にまた遊具があります!

mum2

 前の写真の先(向こう側)になります。こちらは、小さな子でも遊べる構成です。そばには、砂場と揺らして遊ぶスプリング型のキャラクターの乗り物があります。

そして、夏は水遊び場があります

mizu

長い遊具は綱島街道から、公園内でも一番離れた場所にあります。

画像ではわかりにくいかも知れませんが、中原平和公園の中の武蔵小杉側で、どちらかというと綱島街道に近づく側に、水遊び場があります。(じゃぶじゃぶ池のような感じ。一部画像は加工しています。)。

小さな子が、とても楽しそうに遊んでいました。水の流れがあります。

例年だと9月半ば位までの日中に水が流れて遊べるようになっているはずですが、営業時間や期間などの案内が見当たりませんでした。

水遊び場に寄るかもと思う時は、帰るときに困らないように、サンダル、足ふきタオル持参をおすすめします。

 プールとしてはまた別の場所にありますが、日吉、元住吉、武蔵小杉辺りの小さなお子さんの水遊び場としては、こちらが一番近いと思います。

 

是非、中原平和公園にお子さんと遊びにいってはいかがでしょうか?

 

経験上、一点、注意点があります。夏は、蚊(カ)に注意を!

中原平和公園の元住吉側はそうでもないのですが、武蔵小杉側の長い遊具のある場所は、夏は多くの蚊(カ)がいます。

おそらく、武蔵小杉側の方はそばに川が流れている、水があるのが関係しているかも知れませんが。

蚊(カ)に注意していただくことを強くおすすめします。普通に遊んでいるだけで、何か所か刺されてしまいます。

モノクロ(MONOQLO)などのモノ系の雑誌で、高評価を得ているサラテクトをあらかじめ使用して行く、あとは刺された時用にムヒなどを持参していくことをおすすめします。

*サラテクトの写真を載せるために、リンクを貼っていますが、通販では送料がかかり高くなりますので、地元のお店でお買い求めください。