日吉ブログ(ひよブロ横浜)

神奈川県横浜市の日吉を中心に、武蔵小杉、綱島辺りの庶民派で身近な公園やスポットなどについて書いていきます。

本を買うとき合わせ技でお得なカード!天一書房のポイントカード!

スポンサーリンク

 

このブログの管理人は、元はクレジットカード会社にいました・・・業界最大手クラスだったためいろいろな提携カードを発行していましたね。

そんな私がおススメする、日吉でお得なカードはこれだ!

天一書房のポイントカード!

・・・クレジットカードではありません。

天一書房は書店です。天一書房の店舗は日吉、綱島、大倉山、瀬谷にあります。

日吉で一番大きな書店であり、駅ビルである日吉東急アベニューの3階という好立地です。

f:id:seikatsulog:20170730084243j:plain

大手書店ではなく、地元の書店が駅ビルに入っているところが素晴らしいですね!

平日の19時台とかに立ち寄ると、レジに行列ができているんですよね。

慶応義塾大学もあり、慶大生が購入するなど文教都市の面目なのでしょうか?

ポイントカードがアプリ化された!

 私としては、ポイントカードといえども、下手に枚数が増えるのが好みではありません。

天一書房のポイントカードが、最近アプリ化されたようです。カードの枚数が増えないのは素晴らしい!

早速スマホにインストールしてみました。(リンクはiPhoneなどのiOS版。無料です。)

 

ほんらぶ:書店の在庫検索・本の情報 - NIPPON SHUPPAN HANBAI INC.

どうやら、天一書房独自のアプリではなく、全国の書店連合?みたいなところで最寄りの店舗を選択して登録を行うようです。

スマホに入れられるということは、忘れることもほぼありません。

お得だと思ったところ!

本を一切買わない方にとってはお得でないかも知れません。また、最近ではAmazonのKindle版で、本や雑誌を買う人も増えてきているかもしれません。

ただ、毎月何冊か紙の本を買う方であれば、お得です日吉店ではポイントがダブルでつくことが特色なので、一部の方に限られる可能性はあります。東急のポイントカード(ベター)か東急のクレジットカード(ベスト)を持っていることが必要です。

  1. 天一書房のポイントカード
  2. 東急カードの東急ポイント(TOKYU POINT)

東急のクレジットカードの場合、100円で3ポイントつきます(カード決済の場合)。東急の現金用のポイントカードでは200円で1ポイントつきます(0.5%換算)。

天一書房のポイントカードでは100円で1ポイントつきます。(支払方法は関係なし)

ダブルでポイントを獲得できますので、下記が概算と思われます。

  • カード決済の場合は合計 4% 還元
  • 現金用の東急ポイントカード利用の場合は合計 1.5% 還元

さらに、天一書房側は2017年7月21日~8月31日まで夏休み企画でポイント5倍としています!・・・が、よく読むと、集英社文庫対象銘柄と記載されていますので、おトク感はすくないような気がします。

www.tenichi-books.com

社会人でしたらお得な買い方の一つ

店舗にない本も注文して店舗で受け取ることができるようです。

日吉駅を使う方でしたら、ある意味、家に宅配してもらうより、店舗で受け取った方が便利ですね。

慶大生など大学生の方ですと、手に入れたい本は、生協に加入している場合、生協で買うというのもあると思います。

社会人の方でしたら、毎月継続して、数千円以上、注文の利用も含めて本を購入するなら、アプリで邪魔にならないですし入れておいてよい「ポイントカード」ではないでしょうか。個人的には、なかなかの還元率な気がします。

定期券利用者なら、東急カードはおススメの一枚・・・

*記事の中に広告リンクは貼っていません。下記は、一般的な記載になります。

お得に買い物をするには、東急カード(TOKYU CARD)との合わせ技は必要ですが、東急カードは還元率1%(Web明細)で、クレジットカード・定期券・PASMO・ポイントカード・(マイレージ)が合わせて1枚になり、お財布がスマートになります。

日吉東急の利用や定期券を購入するなら、デメリットのあるカードではありません。年会費が初年度無料、2年目から税抜き1,000円かかりますが、定期券+PASMOをお使いでしたら、元は取れます。共働きでしたら、家族カード(税抜き+300円)で定期代払いのポイントを集中化できます。また、たまに東急のセールでポイント大幅UPなどをやっていますので、そこでお得になると思います。特に定期利用者でしたら悪くないカードだと思います。 

カード会社の、元「中の人」として、社会人向け、慶大生向けのカードについても、その内機会がありましたら書きます。