日吉ブログ(ひよブロ横浜)

神奈川県横浜市の日吉を中心に、武蔵小杉、綱島辺りの庶民派で身近な公園やスポットなどについて書いていきます。

マークイズの東京ガス横浜ショールーム:大混雑みなとみらいのオアシス

スポンサーリンク

みなとみらい(横浜ベイエリア)についてのブログ記事です。

東急東横線から、みなとみらい駅は乗り換えなしの一本で行けます。ランドマークタワー、パシフィコ横浜、横浜赤レンガ倉庫辺りは様々なイベントを行っています。

みなとみらいに行って、ちょっと疲れてしまう時ってないですか?

そんな時のおすすめスポットです。

くつろぎの癒しスペース:東京ガス 横浜ショールーム

home.tokyo-gas.co.jp

みなとみらい駅の改札から直結している「MARK IS みなとみらい」(マークイズ)

こちらの4階には、東京ガスの横浜ショールームがあります。

ショールームとつくからには、ガス機器が展示されているわけですが、ガスといえばキッチンだけではありません。

お風呂や、温水床暖房、エネファームなどもガス機器になります。

それらの製品を私たちの生活と絡めて紹介しているのが「横浜ショールーム」です!

営業時間など

営業時間: 10:00 ~18:00
休館日: 年中無休 

*ただし、施設休業日があるようなので、行く前にホームページを見ておくとよいかもしれません。

ショールームになりますので、ガス機器についての相談や、施設に設置されている設備の無料体験プログラムがあります。ショールームのスタッフにご案内いただくことが可能です。Webで予約できるようです。

f:id:seikatsulog:20170826090310j:plain

入口は最新の商品紹介スペース!

エスカレーター、エレベーターを使用してマークイズの4Fに上がります。4Fは飲食店のスペースになりますが、駅側からみると一番奥の方にすすみます。

入場料などはかかりませんので、そのまま気にせず進むと、最初の方は敷居もなく自然な感じの道というか入口になり、さらに進むとオープンキッチンスペースがあります。

エスカレーター・エレベーター辺りからそのまままっすぐ進んで少し左にそれますと、上記のような玄関について、さらに左をすすむと、下にあるくつろぎの休憩スペースに至ることができます。

オープンキッチンスペースでは、一日に何回か、定期的にガス機器での調理の説明と試食イベントを行っています。椅子に座って試食へすすみますので、タイミングが合いましたら、ここでほっと一息つくのはよいと思います。

オープンキッチンスペースのそばには、最新のガスコンロ・ガステーブル・ガスオーブン・ガス炊飯器など、ビルトインも含めて展示されています。

家を買う、建てる時などはショールームの方の話は大変参考になりますね。

ガス機器はキッチンだけで使うものではなくなっています!

さらに奥に行きますと、ショールームスタッフの受付や相談窓口があります。

予約している場合や、説明や相談を受けたい場合はお聞きするのがよいと思いますが、ショールームといっても、スタッフが常について機器をみるところではありません。

ご家族や、それぞれご自由に見学をすることができます。

f:id:seikatsulog:20170826090114j:plain

結構、座れるスペースがあります。エネファームや太陽光等の組み合わせなど、創エネについての説明などもあります。

f:id:seikatsulog:20170826090304j:plain

床暖房の体験ですね。実際にあがってみると、とても暖かいです。以前、電機パネルをしいて温める「電気式」、ガスで水を温めてパイプを通すことで温める「ガス温水床暖房」を比べたことがあります。ふんわりした暖かさとしては、個人的には温水床暖房の方が心地よかったです。

f:id:seikatsulog:20170826090146j:plain

これも、パイプに温水を通すことで輻射熱(フクシャネッ)を発することで、部屋や脱衣所などを暖める機会です。個人的には、ふんわり暖かさが出る機器には憧れますね。

ただ、実際に触ると当然ですが結構熱いので、小さな子がいなくなってから、リノベーションなどで入れるようなイメージもあります。

床暖房、輻射熱機器は心地よいあたたかさがありました。

f:id:seikatsulog:20170826090153j:plain

ミストサウナもあこがれですね。実際に手を中に入れて体験することができます。写真にあるように、ティッシュペーパーもあります。体験型施設でもありますので一度はどうぞ。

おススメ:とても懐かしい気持ちになる1980年代の住まい比較ハウス

f:id:seikatsulog:20170826090159j:plain

ショールームの一角に、1980年代の部屋やお風呂などを再現したコーナーがあります。実際の家のように玄関で靴を脱ぎます。

これが懐かしい気持ちにさせられます。昔はどこもこんなキッチンで、こんな家だったなと・・・。懐かしさの後に、現代の最新設備の部屋に進むのですが、お子さんと一緒でしたら、お父さん・お母さんの時代はこんな感じだったんだよ・・・との話題につながりますよ。是非入ってみて欲しいです。

憩いの休憩スペース(温水床暖房でくつろげる)

ここが、マークイズでのホッとできるよい休憩スペースだと思っています!

f:id:seikatsulog:20170826090302j:plain

映ってしまっている人を加工させていただいております。加工により見えなくなっているのですが、くつろぎのリビングのようなスペースになっています。靴を脱いで上がるもよし、軒先のような感じで腰掛けるもよし。当然ながら床暖房が聞いているので、冬にくると気持ちがよいです。

屋内に別荘が!くらしの知恵ハウス

f:id:seikatsulog:20170826090301j:plain

「最新のガス住宅設備と、昔ながらのくらしの知恵を組み合わせた、新しいエコなくらしをご提案します。」と横浜ショールームのホームページにも記載されていますが、マークイズの4階に家が建っているような感じです。北欧風というか、簡素な別荘一軒が立っているような感じです。

他人の別荘におじゃましている気持ちになりますよ。

女性にオススメ:ミストでハンドケア体験コーナー(無料)

f:id:seikatsulog:20170826090303j:plain

女性にうれしい、ミストサウナのミストでハンドケア体験ができます。サロンやスパそのものといった感じの外観と内装です。もちろん体験ですから無料!

大きくはないですが、子供用のキッズスペースもあります。お子さんが遊んでいる間に5分くらいのようなので、ハンドケアをしてみるのもいかがでしょうか?

ここは個人的なおすすめスポットです!

マークイズ。休日の人の数はスゴイですよね!

お子さん連れだと3階のボーネルランドは行列ができています。4Fの飲食街は、多くのお店が並んでおり、またショッピングモールによくみられる飲食エリアもあります。

そして、マークイズ5階には、大自然超体感ミュージアムのオービィ横浜(Orbi Yokohama)。

遊ぶところいっぱいですね。ちょっと疲れた時、出入り自由ですから、東京ガスのスペースをくつろぎながら見学してみるのもよいですよ。昔懐かしい気持ちにもなれます!個人的な穴場スポットでした。