日吉ブログ(ひよブロ横浜)

神奈川県横浜市の日吉を中心に、武蔵小杉、綱島辺りの庶民派で身近な公園やスポットなどについて書いていきます。

「串焼 文福」武蔵小杉にある焼き鳥とカレー煮込みが名物の飲み屋

スポンサーリンク

武蔵小杉駅の近くにある、メディア等にも掲載される焼鳥屋のご紹介です。

「出没!アド街ック天国」にも出た焼き鳥屋

テレビ東京「出没!アド街ック天国」。毎週いろいろな街が取り上げられていますが、2014年10月「武蔵小杉」が取り上げられました

ランキング形式で番組がすすむのですが、武蔵小杉で11位でした。

記憶があやふやですが、私が文福(ブンプク)に行ったのは、その放送が気になってだったような気がします。

もし今、武蔵小杉を取り上げたとしたら、グランツリー武蔵小杉(紹介記事はこちら)などが登場するかもしれませんね。個人的には中原図書館もよいと思います。

武蔵小杉といえば、林立するタワーマンションのイメージが強いです。

ただ、東急東横線・JR横須賀線のタワーマンションやグランツリーがある側とは別に、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のある側、JR武蔵小杉駅の北口は、横丁のような飲み屋街が一部残っています。

文福は、昔ながらの街並みを残す場所に2店舗あります。

文福の2店の概要

公式サイトは、こちらになります。

www.kushiyaki-bunpuku.com

「串焼 文福」(クシヤキブンプク)は、現在下記の2店舗があります。

  1. 「本店」JR武蔵小杉駅の北口
  2. 「武蔵小杉店」イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のそば

 「本店」の営業時間等の概要

  • 名称:串焼 文福 本店
  • 営業時間: 17:00~23:00
  • 定休日:年末年始のみ
  • 住所:神奈川県川崎市中原区新丸子町915アクセス
  • 地図:Google マップ
  • アクセス:JR南武線の武蔵小杉駅から徒歩2分

 「武蔵小杉店」の営業時間等の概要

  • 名称:串焼 文福 武蔵小杉店
  • 営業時間:17:00~23:30
  • 定休日:年末年始のみ
  • 住所:神奈川県川崎市中原区小杉町3-430 伊藤ビル3階
  • 地図:Google マップ
  • アクセス:東急東横線の武蔵小杉駅 南口3出口より徒歩2分

何といっても、カレー煮込みのセットとビール!

f:id:seikatsulog:20171203231026j:plain

お通しと、瓶ビールとカレー煮込みのセットです。

文福に来たら、まずは「飲み物」と「串焼き5本+元祖カレー煮込みセット」のセットがイチ押しですね。

元祖カレー煮込みセットは、税抜き1,200円です。(2017年12月現在)

ネギもたくさんですが、創業以来の継ぎ足し続けてきた一品。スジとモツがすごくやわらくなっているのと、熱い豆腐が一緒になっていてとてもおいしいです。 

f:id:seikatsulog:20171203231032j:plain

串焼き5本のセットです。セットは、「焼き鳥」と「やきとん」があります。

写真は焼き鳥の方です。

f:id:seikatsulog:20171203231043j:plain

七味唐辛子ももちろん置いてありますが、焼き鳥にからしが添えられているのもあまり見ませんよね。

焼き加減はもちろんすばらしいのですが、料理を出されたときや食べたときの肉汁がすごいです。特に左の〇〇地鶏といったアピールはなかった気がしますが、アピールがなくとも素材自体の良さを感じます。

f:id:seikatsulog:20171203231037j:plain

左ですが、牛串もあります。にんにくが添えられています(翌日もお仕事ならつけすぎないように注意です・・・)。

うずらの卵3つの玉三郎も有名な気がします。

焼鳥、焼きとんなどの串焼きメニューの多くは100円台で手ごろな価格です。

ただ、おいしい居酒屋の宿命ですが・・・料理がおいしいとお酒もすすみます。

お酒も「プレミアムホワイト白穂乃香」といったような特色のあるドリンクをそろえています。

ラーメンだと美味しいから2杯目とはいきませんが、居酒屋メニューや焼き鳥はおいしいと1品ずつ追加していってしまいます。

美味しいゆえの追加も含め、私の場合は3,500~4,000円位が、現実としての料金のボリュームゾーンな気がします。(個人の感覚です)

満足度はもちろん高いです!

常にほぼ満席なので、予約していくのがベターです・・・

やきとり、やきとんを扱う、飲み屋と言いますか串焼き屋ですが、武蔵小杉屈指の名店でもあります。

私は2店舗両方行きますが、お店はいつも混雑しています。特に21時前後とかに行くと満席で入れないことも多いです。

飲み屋だから、勢いでふらっと寄ってみたいところですが、席が空いているかどうかはその日の運です。私自身も、思い立って寄ろうと思った時で入れた確率は高くない気がします。

また、遅くの時間に行くと売り切れのメニューが増えていきます。売り切れがあるというのは、ある意味素材の新鮮さにこだわっている裏返しです。

手羽先とか、気になる名前のメニューを頼もうとすると、遅い時間ではたいてい売切れています。

忘年会や、友人と飲みにいくなどと行った場合は、予約するのがベターです!