日吉ブログ(ひよブロ横浜)

神奈川県横浜市の日吉を中心に、武蔵小杉、綱島辺りの庶民派で身近な公園やスポットなどについて書いていきます。

横浜市営地下鉄の通学定期券代が、2018年3月17日(土)発売分から10~12%値下げ!

スポンサーリンク

横浜市営地下鉄の通学定期券代が、平成30年3月17日(土)発売分から値下げされます。

慶應義塾大学に通われる新入生の方々向けに、一人暮らしで住む場所をどこにすべきかの考察記事を書きました。(日吉キャンパス・矢上キャンパス)

その流れで、この時期に記載します。(日吉やグリーンラインに詳しくない方向けになります)

日吉駅は、3つの路線が通る

日吉駅は、現在2つの路線の始発駅であり、東急東横線の急行停車駅です。

  1. 東急目黒線(都営三田線と東京東京メトロ南北線につながる)
  2. 横浜市営地下鉄グリーンライン(日吉~中山駅間)
  3. 東急東横線(渋谷と横浜方面をつなぐ)

1・3は、東急東横線のホームから出発します。グリーンラインは、東横線のホームから地下に向かうと、改札を出てまた入ることにはなりますが、つながっています。

日吉駅は、横浜市営地下鉄グリーンラインの始発駅

横浜市営地下鉄は2つの路線があります。

  • ブルーライン:あざみ野駅~湘南台駅
  • グリーンライン:日吉駅~中山駅

慶大生にとっては、湘南台駅は、慶応義塾大学の湘南藤沢キャンパス(SFC)の最寄り駅とも言えます。ただし、グリーンラインとブルーラインを乗り継いで、日吉~湘南台間を行くには、乗車時間だけで1時間10分程かかります。

グリーンラインの一方の始発駅(終点)は、中山駅です。JR横浜線とここでつながります。

日吉に住んでいるご家族にとっては、「ズーラシア」という動物園のイメージでしょうか。(その内、記事を書きます)

グリーンラインは今年の3月で開業10周年を迎えます。

横浜市交通局 市営地下鉄グリーンライン開業10周年!

この春から、その通学定期券代が値下げされます。

距離による4つの金額区分

通学定期券は、小学生以下と中学生以上に分かれるのですが、大学生向けのイメージで書きますので、中学生以上だけを記載します。

日吉を始点として、各駅の区分と値下げ後の定期券代を記載します。

記載自体は1ヶ月定期の値下げ後代金を書きます。3ヶ月・6ヶ月は公式サイトをご覧ください。

横浜市交通局 平成30年3月17日(土)発売分から、市営バス・地下鉄の通学定期券を値下げします

  1. 日吉本町・高田:4,410円
  2. 東山田・北山田:5,040円
  3. センター北・センター南・都筑ふれあいの丘:5,670円
  4. 川和町・中山:6,300円

これが、東急東横線の日吉~綱島間・日吉~元住吉・武蔵小杉ですと、1,840円です。

日吉~日吉本町駅で6ヶ月だと23,820円。

日吉~綱島間・日吉~元住吉・武蔵小杉の6ヶ月で9,940円。約14,000円の違いがあります。

毎月4,000円あれば、2年間で電動アシスト付き自転車が買えます。(もちろん、常に自転車とも行かず、たまにの電車の利用機会が増えると出費が大きくなりますが)

通勤費用が会社から出る会社員なら、センター北・南は私も住んでみたい地域の一つです・・・。このブログでもたまに登場するのは、私も大好きな街だからです・・・。

値下げ情報を書いておいてなんですが、大学生で住む場所を探す場合は、4千円分で駅に近づくか、自転車を買うか検討してみるの一案です・・・。