日吉ブログ(ひよブロ横浜)

神奈川県横浜市の日吉を中心に、武蔵小杉、綱島辺りの庶民派で身近な公園やスポットなどについて書いていきます。

コラム編:日吉での生活と、お金の話のカテゴリーを開始?略して「ひよしナンス」?

スポンサーリンク

新たなカテゴリーとして「ひよしナンス」(ひよナンス)始めます。

*何か違うと思ったら、その内消すかもしれません。地域ブログにお金の話を求めない人にとっては、役に立たない公開記事です。失笑する前に立ち去ることをおすすめします・・・

(地域で)生活することと、お金は切り離せない

このブログでは、横浜市港北区の日吉エリアに住み始めた・住もうか検討している方を主な対象としています。

大学に入学する新入生や在学生、新社会人向けにおすすめのデビットカードの記事を書き始めたのですが、多少最初の解説が必要だと思いました。

このブログを書いている人は、昔、クレジットカード会社に勤めていました。それ以前のさらに昔は、地方から出てきた普通の大学生でした。

地元から別の地域に出てきて、一人暮らしを始める方もいると思います。が、そこで賢くお金を使いこなさねば、先の「未来」を犠牲にしてしまうこともあります。

毛色が違う話題なので違和感があるのですが、誰かに役立つかもしれないということでお金の話も書いてみます。

「地域」+「ファイナンス」?

「Fintec」(フィンテック)って聞いたことはあるかも知れません。

「Finance」(金融)+「Technology」(技術)の略です。

身近に感じないかもしれませんが、駅のそばにあるメガバンクの支店や、ATMの台数が、大きく減ることに関係する話だったりします。

他にも、造語としてアドテック・ヘルステック・エドテックなどがあります。

と、庶民の私が偉そうに語りたいわけではないため、解説を追加せず、すすみます。

造語が頭に浮かび、使いたかっただけでした・・・

このブログのメイン対象地域「日吉」

地域とお金の話か・・・と思い、最初「ひよテック」という言葉が頭に浮かびました・・・。

ただ、これは間違いです。

「ひよテック」は、日吉+技術なので、なんのこっちゃかまったくわかりません。

*ちょっと気に入ったので、その内ブログ名に使うかもしれません!?

ということで、日吉+金融「Finance」の話ということで・・・・

「ひよしナンス」「ひよナンス」かなと、頭に浮かんだという話です。

イントネーションは、おそ松くんのイヤミのイメージです!?ある意味、失笑ものの話ですね・・・。

さて、金融話としては、既に近くの地域ごとにおすすめのクレジットカードを書いていきました。敢えて地域ごとに分けると下記になります。

東急沿線ナンス

東急カード:東急線沿線住まいの方にオススメのクレジットカード!(TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO)

こすぎナンス

ビックカメラSuicaカードは、スイカ利用で1.5%還元が可能な、おすすめのクレジットカード!

つなしまナンス

おススメのクレジットカード「Yahoo!Japanカード」(固定資産税など税金の支払いのある方にもおすすめ)

年会費無料【YJカード】

キャッシュレス社会の時代が来た?

ここからは、普通の話に戻します。

1998年頃にVISA(ビサ・インターナショナル)などが、渋谷で大規模な電子マネーの実験を行っていました。そんなことを誰も憶えてないまま消え去り、20年が経ちました。

日本は現金社会だからとずっと言われ続けて、現金以外の支払い手段が普及してきませんでした。

が、ここに来て、電子マネーやVISAデビット、Apple Payなど・・・現金以外の支払い手段が多様化してきました。

歴史の流れ的に、現金という巨大王国が、群雄割拠の多様な支払い手段に分裂しつつあります。この戦国時代の後、いくつかに集約されていくかもしれません。

次の3分類のイメージは三国志でしょうか、、、。

お金の使い方による3つの分類?

現金、カードというくくりでなく、支払いの性質で分けると3つです。

  1. 前払い(iTunesカード・クオカードなど、コンビニで買えるもの等)
  2. 即時払い(現金・デビットカード)
  3. 後払い(クレジットカード)

クレジットカードによるオートチャージや、銀行引き落としでのプリペイドカード充当とか、1・2・3をまたぐ話は長くなるので割愛します。

ちなみに、オトク度ではプリペイド型の「LINE Payカード」だと思っています・・・。

ここから、さらに長くなるので、今回は造語をつくりたかったということで?一区切りさせていただきます。

一応、目的は地域に住む方がおカネでつまづいてしまわないよう、ほんの少しでも貢献できればなという考えで書いています。

すぐ次に、続きを掲載します。