日吉ブログ(ひよブロ横浜)

神奈川県横浜市の日吉を中心に、武蔵小杉、綱島辺りの庶民派で身近な公園やスポットなどについて書いていきます。

綱島源泉 湯けむりの庄(横浜市の高級感のある日帰り天然温泉/源泉かけ流し風呂有)

スポンサーリンク

東急東横線の綱島辺りからほど近い、日帰り天然温泉をご紹介します。

私がたまに行く「ラクスパ鶴見」(RAKU SPA 鶴見)との比較を一部含みます。

RAKU SPA 鶴見(ラクスパ)の概要とお風呂編(横浜の日帰り人工温泉・一日楽しめるスーパー銭湯) - 日吉ブログ(ひよブロ横浜)

建物内の写真はないです。ご了承下さい。

「綱島温泉 湯けむりの庄」の概要

  • 名称:綱島源泉 湯けむりの庄
  • 休館日:年中無休
  • 営業時間: 9:00~24:00(岩盤浴9:00~23:30)
  • 食事処・エステ営業時間: 10:00~23:30(食事処はラストオーダー30分前・エステは22:45までが受付時間)
  • 平日料金: 大人1,200円/小人900円(税抜き)
  • 土日祝料金: 大人1,400円/ 子供1,100円(税抜き)
  • 住所:神奈川県横浜市港北区樽町3-7-61
  • 地図:Google マップ
  • 公式サイト:横浜市「フィットネス付高級日帰り温泉」綱島源泉 湯けむりの庄 |

*小学生以上が入館可とのことです。(岩盤浴は中学生以上)

*料金は、他に岩盤浴利用料金、平日22時以降の夜割料金等があります。夜割の場合は、館内着はないようですが、詳細等は公式サイトにてご確認ください。

交通アクセス

詳細は、公式サイトに詳しいです。

http://yukemurinosato.com/tsunashima/guide

休日などは、大体駐車場がほぼいっぱいになっているイメージがあります。車で来る方が多いと思います。

駐車場は、入浴ご利用の方は3時間まで無料。館内3千円以上利用で7時間まで無料ではありますが、長く滞在すると料金がかかるという点は注意ですね。(一日最大で税抜き1,000円とのこと)

徒歩だと、東急東横線の綱島駅から約20分程です。

公式サイトにはバスの案内がありますが、東急東横線の綱島駅、あとはJRで新横浜駅・鶴見駅・川崎駅からバスで来ることが可能になっています。

私の場合は自転車です。この辺りは比較的平坦になります。

f:id:seikatsulog:20171211223608j:plain

高級感を感じる、雰囲気のある日帰り温泉です!

公式ホームページにも、ライトアップの写真が掲載されていますが、道路からみた入口や、建物に、大人向けの風情のある雰囲気が漂います。(小学生以上は入館可能ではあります)

1階は受付から始まり、ロビー・食事処・エステ・休憩所があります。

2階が温泉です。

*温泉についてなので割愛しますが、会員制フィットネスクラブも併設されています。フィットネス会員になると温泉も利用できます。フィットネスと温泉は2階にあるのですが、2階にのぼるとフィットネスの風景が少し見えます。風情のある温泉と言いつつ、また違った景色ではありますが・・・。

何といっても「源泉かけ流し風呂」がある!

温泉好きだと「源泉かけ流し」という言葉を聞くと、温泉気分が盛り上がりますよね。

加温や、湯量不足を補う以外での加水は認められていますが、循環をさせないので、温泉成分を十分感じることができます。

綱島温泉は、加温のみの源泉かけ流し風呂があります。湧出したお湯の温度が適温より低いので温めることは必要ですが、それでも都心近くで、源泉かけ流し風呂に出会うことは多くありません。

泉質としては、「ナトリウム炭酸水素塩泉」となり、皮膚を滑らかにする美肌の湯と言われるそうです。「炭酸水素温泉」としては、登別・塩原・伊香保・奥飛騨辺りの温泉地が有名かも知れません。

お湯の色は黒湯です。

内風呂は、ジェットバス、電気・冷水風呂、立ち湯(女性のみ)等

室内風呂には、普通の内風呂があります。その他はジェットバスや電気風呂、もちろん体を洗う場所などもありますが、特色のあるお風呂がそろっています。

どちらかというと、ゆったりした雰囲気という感じではないかも知れません。

ゆったりしたいなら外の露天風呂

温泉やスーパー銭湯では、ゆったりしたい派としては、外のお風呂が気持ちよく入れますね。

露天岩風呂、壺湯、うたた寝湯等があります。

露店岩風呂は段差といいますか、層が別れていて立体的な感じです。また、奥に瀧があり、流れ落ちる水の音に風情を感じます。外のお風呂はライトアップも素敵ですね。

公式サイトの言葉を出典元として、一部抜粋させていただきます。

「お風呂の周りには四季の感じられる植栽と、著名デザイナーによる大きくて印象的な滝がございます。流れ落ちる水の音は日常の喧騒を忘れさせてくれることでしょう。」

壺湯があるのですが、本御影石だそうです。

私の場合は、露天風呂で滝なども見ながら、ゆったりつかっているのが好きです。

お風呂以外も、整然として、デザイン面でも雰囲気がある・・・

お風呂から出ると使う、パウダールーム。まだ施設が新しいこともありますが、配置なども整然としていて使いやすいです。

露天風呂のそばにある、休憩用のスペース、そこの椅子などもなかなか素敵なデザインだなと思いました。見た目で癒されたり、雰囲気を感じるのも大切ですよね。

サウナや岩盤浴も多彩

「綱島温泉 湯けむりの庄」のサウナや岩盤浴は特色があります。(別料金になりますが)岩盤浴だけで6種類!

塩・風・岩などの部屋の名前がついていますが、一番特色のある部屋は「風」!

サイエンスプロデューサー米村でんじろう先生監修米村でんじろう先生が監修しています・・・といえば、あれですね!(実物はみてのお楽しみ)

日本初の視覚でも楽しめる演出を取り入れた「ロウリュイベント」を、一定時間沖に行っています。

公式サイトを出典元として、一部抜粋して紹介させていただきます。

「ロウリュとは、サウナの本場フィンランドで行われる蒸気浴です。熱したサウナストーンにアロマ水をかけることによって発生した蒸気を浴びて頂く蒸気浴でございます。スタッフが大きなうちわで扇がせて頂きます。当館では、関東最多となる “3種類のロウリュ” をご用意しております!」

お風呂の後は、1階でゆったりとするのがおすすめ!

お風呂以外の施設は1階にそろっています!

ラウンジ(ロビー)

1階は、まず印象に残っているのがロビー(ラウンジ)です。天井が高く、椅子のデザインや配置などもラウンジという雰囲気です。

そして、実際の火が見える暖炉があります。火のゆらめきに癒されますね。高級ホテルや旅館を思い起こさせるような感じです。

食事処

食事処は、多くの食事メニューがあります。「引き上げ掬い豆冨」は特色ある名物です。ただ、食事処の雰囲気やメニューなどから、やはり大人向けが中心の日帰り温泉だなというイメージも持ちます。

休憩スペース

1階の奥の方には、暗めの明かりで演出された休憩スペースがあります。

「RAKU SPA 鶴見(らくスパつるみ)」との違いでもありますが、電動で好きな角度にできるリクライニングチェアがあることは同じであるものの、湯けむりの庄ではイスにテレビがついています!

ラクスパの方は、テレビはないものの、代わりに大量のマンガが置いてあります。

ただ、湯けむりの庄の方でも、多少のマンガと雑誌が置かれています。(漫画「アイアムアヒーロー」を読んだのは、ここでが初めてでした。)

リラックススペースには、区切られた女性専用のスペースもあります。

明かりがうまい具合の明るさなので、ぐっすりねむっていまいそうな場所です。

その他

1階には他にも、お土産コーナー・PCスペース・マッサージチェアなどのコーナーがあります。施設にはエステやマッサージもありますよ。

f:id:seikatsulog:20171211235714j:plain

雰囲気のある素敵な日帰り温泉!

「綱島温泉 湯煙りの庄」では、毎月イベントも開催されていたりします。12月を例にとると、キャンドルナイト、ゴスペル・ハンドベル演奏会などが行われます。

「RAKU SPA 鶴見(ラクスパツルミ)」が、家族でワイワイできるのに対して(ゲームや大量のマンガコーナーがありますので)、こちらはどちらかというと大人向けですね。カップルの方などにも、温泉に入って食事してといったプランにはよいかも知れません。

「マツコの知らない世界」(TBS系列)のスーパー銭湯の回で、講師の方が「絶対に行くべき3大スーパー銭湯」として紹介している施設でもあり、一度行ってみるのも楽しいと思います!