日吉ブログ(ひよブロ横浜)

神奈川県横浜市の日吉を中心に、武蔵小杉、綱島辺りの庶民派で身近な公園やスポットなどについて書いていきます。

東急東横線沿いから大型書店に行くならどこ?(横浜・川崎・東京エリアの大きい本屋)

スポンサーリンク

今回は、大型書店についての記事です。

*中心としては、東横線の武蔵小杉・日吉ほか、元住吉・綱島・大倉山辺りから行くことを想定して書いています。また、近くと言いつつ、規模を優先しています。

書店は、知的な「スポット・遊び場」?

電子書籍が普及してきましたが、予想外の知的興味をかき立てられる空間として、リアルな書店は楽しいです。お店というより知的なスポット・遊び場に近いと思います。

ネットショッピングでは、「あなたへのおすすめ」「似たような人が買った商品」というものをすすめてきます。

それでも、本人が実際に目で見て、手に取るという事実にはかないません

大型書店をめぐると、通常気に留めないカテゴリー、表紙や言葉で手に取ることがあり、自分は意外なことに興味を持っていたんだと気づいたりします。

本(興味)との予想外の出会いのためには、品ぞろえが多いのは大切

このブログで、一貫して書いているのは、品ぞろえの充実は大切という点です。10万冊置いてある本屋と、100万冊の置いてある本屋では体験が違うと思います。

何かを学ぼうと同じ分野の複数の本を買い込む、知りたいことがある(ネットの断片ではなく体系的な情報が欲しい)、新たな知識と出会いたい、本が好きだ・・・といった場合は、品ぞろえが多いほど選ぶ楽しさ、知的好奇心を満足させられるはずです。

(大体の本屋を巡ったことがありますが)私の実際に行った本屋になるので、主観が入った紹介になります。基本的に売場面積1,000坪位からが取り上げ対象です。

*先に補足しますが、あおい書店とブックファースト、丸善とジュンク堂は同系列です。

近隣の中規模本屋だと・・・

このブログのメイン地域の武蔵小杉・日吉に近い、中規模本屋にも触れておきます。

  • 天一書房 日吉店(日吉東急アベニュー)
  • 紀伊国屋書店(グランツリー武蔵小杉)

天一書房は、文房具売り場を広げるリニューアルをしており、奥行きなどを考えると紀伊國屋書店の方が広いと思います。

また、横浜市営地下鉄グリーンラインのセンター北駅近くのノースポート・モールにACADEMIA港北店があります。約700坪と千坪はありませんが比較的大きな書店です。グリーンライン沿線にお住いの方は、近隣で大きな書店となりますが、東横線からの場合は往復の交通費が高いので、最初からより大規模な本屋に行くのがベターです。

普段使いの書店は便利です。ただ、何らかの分野に特化した本を探そうとすると、本のバラエティーは不足します。(あくまで今回の記事が大型本屋のためです)

川崎・横浜の大型書店(神奈川県内の近くで探すなら)

下線は、グーグルマップへのリンクになります。他も、徐々に追加していきます。

東急東横線から行くと、横浜のブックファーストは駅から10分位歩きます。横浜市内では最大の本屋だと思います。ダイエーの5・6階にあります。建物が古く、本売場の場所も若干わかりにくい面はありますが、フードコートもあったり、なんとなく懐かしさを感じる建物です。

f:id:seikatsulog:20180122001020j:plain

丸善は3分の1は、文具売り場が占めるかも知れません。その分、高さのある本棚などを使っているのですが・・・ちょっと探しにくい気がします。

川崎に本を探しに行くなら、あおい書店だと思います。入居ビルの知名度の問題なのか、ブックファーストとあおい書店は比較的空いている気がします。

f:id:seikatsulog:20180122001029j:plain

横浜の誇る本屋、有隣堂が出てこないのかと思うかもしれませんが、今回の記事では規模的に対象外になっています。

たまに行くなら、やはり東京方面の巨大書店

MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店

駅から少し離れた、東急百貨店の7階にあります。東急東横線なので便利な範囲です。

行きは散歩がてら歩きますが、帰りに荷物がある時は東急百貨店から駅まで出ている無料バスに乗って渋谷駅まで帰ったりします。

売場は1,100坪位のようです。この規模になると、一分野に特化して探しても十分なバラエティーが出てきます。

丸善 丸の内本店

本を探しに行くと決めていて、特に武蔵小杉の方なら、JR横須賀線で東京駅まで出てしまった方が確実だと思います。おしゃれな感じのするオアゾに入っています。手帳や万年筆など高級文房具を買いたい場合にも候補になるかも知れません。

1,750坪ほどあるようですが、文房具売場に取っている分もあると思います。

ここに、特定分野の本を買い込みに行ったことがあります。専門書などになると高い本棚にあり、脚立で上る必要があった記憶があり、高さで冊数を稼いでいる気がします。

ジュンク堂書店 池袋本店

約2,000坪。関東最大の売場面積を誇る本屋です。

東急東横線からだと、池袋へは副都心線で一本で行けるようになりました。ただ、副都心線の駅が西口で、ジュンク堂は東口にありますので多少歩きます。

散歩がてらなら、東池袋駅や雑司が谷駅から歩いてみるのもありかも知れません。

多少移動に時間をかけても、純粋に本を探しに行くなら、ジュンク堂です!

椅子もあり、混雑していなければゆっくり本を吟味することが可能です。

関東でリアル店舗で本を探すなら、ここに行き着けば問題ないと言えるでしょう。

その他

  • 八重洲ブックセンター(東京駅)
  • 紀伊國屋書店 新宿本店(新宿駅)

この辺りも、1,500坪クラスの広さはあり、まったく問題ないといえます。

ただ、建物の構造というか古さなのか、フロア構成から上下の移動が多く発生するものの、エスカレーターなどの設備面が不足し、移動しづらいです。横浜・川崎辺りからわざわざ行くか、という観点から考えて外しています。

神保町の書店街へも、日吉・武蔵小杉辺りの都営三田線直通電車が通る場所からは、一本で行けます。古本、特に専門書を探す場合は書店街の神保町とも言えますが、新刊を探す場合は、一店舗ですむ上記の巨大書店をおすすめします。

ちなみに、千坪ほどの広さになるのですが、私が結構好きなのは日本橋の丸善です。広さだけでなく、自分にとってのなじむ本屋を探してみるのも楽しいかも知れません。

特色のある本屋:蔦屋書店(代官山・二子玉川)

オシャレな人が行くスポットでもありますが、蔦屋書店も行ってみて楽しい本屋です。

ちなみに、二子玉川はオシャレな家電屋で本を売っているという立ち位置のようです。

両方とも、本の分野を選びます。ビジネス書や理系などの専門書を探しに行くのなら行く意味は薄いです。

一方で、特に旅行系、住まい・インテリア、料理、雑誌類など趣味にかかわるものを探しに行くなら、意外な発見を楽しめると思います。

*写真は、二子玉川の蔦屋家電。

f:id:seikatsulog:20180122001036j:plain

特定分野の本を複数手に取って探すのはもちろんですが、年に数回、興味のかたよりを大幅にゆさぶるために大型書店に行ってみるのも楽しいのではないでしょうか。