日吉ブログ(ひよブロ横浜)

神奈川県横浜市の日吉を中心に、武蔵小杉、綱島辺りの庶民派で身近な公園やスポットなどについて書いていきます。

2017/9/23、24(土・日)日吉の慶応普通部で労作展(外部者が見学できる学校行事)

スポンサーリンク

追記

日曜日に来ましたが、なかなかの大盛況ですね。

初めて、校舎を見学しましたが、やはり私立の設備は充実してます。作品の質が、中学生とは思えないレベルで素晴らしかったです。 f:id:seikatsulog:20170924145541j:image

日吉と言えば、慶應義塾大学の日吉キャンパスがあります。中に通っている人はご存知なのでしょうが、日吉キャンパスの中には慶應義塾高校があります。大学構内の中なので、引っ越して来た方などからすると、意外に分かりにくいですよね。

慶応大学付属の中学校、それが慶應義塾普通部!

そして、もう一つ、慶応義塾大学の付属中学校があります。

それが、慶應義塾普通部です。日吉の通り名にもあるので、個人的にはこちらの方に親しみを感じますね。

慶応というと、最近では芦田愛菜さんが通っている慶應義塾中等部を思い浮かべる方もいるかも知れません。慶応中等部は三田キャンパスにある中学校で、男女共学です。こちらは男子校になります。

2017年度 慶應義塾普通部労作展の開催概要

公式サイトは、こちらです。

慶應義塾普通部

  • 開催日:平成29年9月23日(土)・9月24日(日)
  • 開催時間: 10:00~16:30(入場は15:30まで)
  • 会場: 慶應義塾普通部
  • 地図: Google マップ

慶応普通部の文化祭?というより「作品発表会」です!

2017年度で、第89回目を迎えるそうです。日吉にある学校って結構歴史がありますね。

普通部生によるアートや研究発表展

生徒が一所懸命作成した、研究成果や書道、絵、工作などを展示するようです。

私が今まで知らなかったことに通じると思うのですが、普通部では外部に公開する行事は、この労作展だけなようです。

外部の方が入れる文化祭といったものはありません。ある意味、年に一度、日吉で行われる芸術、美術の展覧会と言えるかも知れません。

上記の写真の学校説明会はこっちではないですよ・・・の案内にもありますが、学校見学を希望する方は、こちらの労作展に来てくださいと書いてあります。

受験を考えている小学生や、その受験生を持つ親である保護者の方にとっては貴重な機会ですね。 

慶応普通部は「普通部通り」の先にある!

日吉駅から放射線状に伸びる道路。その中に、「普通部通り」という通りがあります。

名前の由来は、その道をすすむと慶応普通部に通じているからです。

www.hiyoblo.com

しかし、学校は、駅からまったく見えません。実は通りの先ではないのです。微妙に先にあるY字路をそれて、木に隠れていて見えません。

駅を出て、日吉キャンパスではなく、バスやタクシーが止まっている商店街の方にまず出ます。マクドナルドとソフトバンクショップの間にある通り、それが普通部通りです。

f:id:seikatsulog:20170912194320j:plain

まず、ひたすらまっすぐです。ピアゴというミニスーパーも通り過ぎねばなりません。

そうしてたどり着くのが、上の写真です。右に学校があります。

ここではないのです・・・。こちらは、日吉駅から最も近い公立小学校、日吉台小学校です!このY字路を左にすすみます。

f:id:seikatsulog:20170912194330j:plain

この辺り、台地の上でもあるので、木々が結構あります・・・。

先ほどのY字路を左に行くと、あっという間に緑が見えます・・・なごみますね・・・

いや、写真の真ん中に、小さいですが、横長の石碑・石板?があります。

具体的な文字を忘れましたが、「慶応義塾普通部」といった記載だろうと思います。

石板は見落としますし、周辺をみてもまったく学校がありそうに見えないのですが、実はこの生い茂った木々を超えた奥が慶応普通部です。

f:id:seikatsulog:20170912194336j:plain

先ほどの道を右にみても、学校がありそうに見えませんよね・・・

f:id:seikatsulog:20170912195324j:plain

先にすすむと、やっと校門が見えました。

ここまで、無駄に紙面を費やしてみました・・・個人ブログならではですね・・・

この日は、学校説明会があったようです。ここではなく、慶応義塾大学の日吉キャンパスの方で説明会はやりますよ!と書かれています。間違ってきてしまう人が多いのでしょうか。

以上、日吉に住んでいて気づかなかったものの、先日通りかかって興味をもった人間の紹介でした。たまたま通りかかったからとか、記事を公開するタイミングとかを考えないのが、個人ブログならではです!